ちゃのみブログ

屋敷森

「ちゃのみの家」には、武蔵野の農家の面影が残っています。屋敷森です。冬の時期、強い北西の風が吹き荒れる武蔵野台地。大木で風から母屋を守るとともに、燃料や肥料にもしました。

家を覆うように伸びる木々。

家の北西側に、今も立派な並木を形づくっています。

歴史を感じさせる大木の雄姿。

屋敷森の守られて、「ちゃのみの家」は今日も温もりでいっぱいです。


menu