ちゃのみブログ

かかし祭り

 稲穂に佇む案山子――、秋の原風景の1つです。 そんな風景を受け継ごうと、地域で「かかし祭り」が開催されました。もちろん、「ちゃのみ」もオリジナル案山子を出展しました。

 

 昨年は福島原発事故の影響で、狭山茶の放射能汚染が問題になりました。そこで、今年は安全においしいお茶が飲めるようにとの願いを込めて、利用者のみなさんで案山子作りに取り組みました。

 周りを飾る緑の風車作り。色画用紙に切り込みを入れて…。小学校の工作の時間を思い出します。

 完成です。「茶娘と茶釜」の案山子。 茶摘みを彩る茶娘と、お茶につき物の茶釜。茶釜は、今年の「ちゃのみ夏祭り」で担いだ「ぶんぶく茶釜」の御輿にタヌキの頭としっぽをつけて、いっしょに展示したものです。
福島に、全国に、幸せなお茶の時間がきますように…。

 


menu